こんにちは。

オークランドに来てもうすぐ2か月になります。

今回は仕事探しで起こった出来事についてです。

最初の投稿でフラット探しについて触れましたが、その時にしばらく連絡をくれなかったというフラットのオーナー、実はビジネスオーナーでもありました。

内見に行った際、仕事を探していることを伝えたら、「実はカフェをオープンさせようとしていて、よかったら働かないか」という話になりました。

結論から言うと、トレーニングという名目で2週間無給かつほぼフルタイムで働かされました。

家からカフェまでの往復の送迎や、スタッフミールの提供はありましたが、いろいろあって彼のことを信用できなくなり、またこのカフェビジネスがうまくいくのか怪しいところもあったので、結果辞めることにしました。

再び仕事を探すことになりましたが、思ったようにうまくいきません。

そのことをフラットメイトに話したら、家の近所にベーカリーがあり、過去にほかのフラットメイトが働いていたこともある。連絡してみたらどうか、と教えていただき、Facebookを通じて連絡してみました。

すると翌日返信が来て、実は数週間以内に空きができそうだから一度見に来ないか、と言われ見学に行ったのち、後日2日間ほどトレーニングさせてもらい、本格的に働くことができそうでした。

しかし、その連絡をいただいたマネージャーとオーナーとの間で齟齬があったようで、結局私のことを引き続き雇うことはできない、と言われてしまいました。

トレーニング含め、わずか7日間の勤務でした、、

というわけで今再び、仕事探しをしているところです。

ここのところ、私のニュージーランド生活はうまくいっておらず、友人が「ニュージーランドは何もない」「なぜニュージーランドに行くのか」と言っていた意味がようやく分かってきました。

コロナ前から理由もわからずなぜかずっと来たかった国でしたが、なぜ来たかったのか本当にわからなくなりました。

酷い話

実は最初に働こうとしていたカフェのビジネスオーナーに、1週間分、しかも半額でいいから給料を出してくれないかと交渉していて、相手は渋々でしたが一応半分は払う、という話にはなっていました。

そもそもニュージーランドではトレーニング期間であったとしても給料を払わないことは違法になります。(ベーカリーではトレーニングの2日間の給料は出ました)

せめて半分くらい払ってもらって当然ですよね。

ところが、「僕はあなたの送迎をし、スタッフミールも与えた」「僕は旧オーナーにお金を払い、自分とあなたにトレーニングの機会を与えてもらった。」「あなたに投資したのだから、その分のお金をかえしてほしい」とまで言われたので、給料を払ってもらうことは諦めました。

契約書等もないので、どこにも何も言えません。

(書類すら準備できていないくらい、カフェをオープンする準備が整っていなかったということです)

またベーカリーの話に戻りますが、こちらは(準備できていたにもかかわらず)契約書にサインさせてもらえなかったので、雇う気がなかったのだろうなと思います(オーナーが)。

学び

街を歩いていると、比較的小規模なお店が多く並んでいます。

そういったところはたまに雇用制度が整っていなかったりするので、私のような初心者は大規模の会社(チェーンのレストラン・カフェなど)で働けそうなところを探すべきだと思いました。

また、経済的に余裕があり、車を所持していたりすると有利ですね。

安い車なら買えないことはないのですが、職に就いて安定した収入が入る目途が立ってからと考えているので、まずは近所で働けそうなところを探すしかないかなという感じです。

投稿者について

1995年生まれ 新潟県出身
高校時代、学校のプログラムでアメリカのシアトル・ボストンを訪れたことをきっかけに、海外に興味を持つ。2022年4月から1年間カナダのバンクーバーにてワーキングホリデーを経験。2023年5月からはニュージーランドのオークランドでワーキングホリデー。一眼レフで写真を撮るのが趣味。

おすすめ: